プログラミング

2020年度から小学校プログラミング教育が必修化に、 さらに2024年度にはプログラミングを含む情報Ⅰが 大学入試の国語・数学のような基礎科目になります。
小学校では、日頃の生活とコンピュータとの関係を知り、プログラミングの考え方を身につけることに重点を置きます。
キーボードでコードを打ち込むような本格的なプログラミングを学ぶのは基本的に中学校からです。

塾では生徒達が楽しんでプログラミングやパソコンに触れられるように、

  • スクラッチ(初心者向けプログラミングソフト)をつかったプログラミング
  • タイピングソフトによるキーボードのタイピング練習
  • ワード・エクセル
  • ホームページ作成
  • ムービー作成

等を予定しています。

授業内容

小学生月3回(60分)スクラッチによるプログラミング等

★最新のチラシはこちら